わんこ紹介

サラ♀
最新式そり犬「エリスハウンド」の血を受け継ぐ”血統的には”そり犬エリート。犬ぞり仲間から譲って頂いて、かわいい×2で大切に育ててきました。血は争えず走力・猟欲がすさまじい! 
一番パワフルな時はバギーに併走して56km/hで走ることもできました。レトリーブ遊び、フリスビーキャッチ、捜索犬訓練などなど。様々な楽しい遊びを覚えてきたけれど、犬ぞりは好きではないようでした。
最近は歳にはかなわず闘病生活をしています。

アン♀
里子に出た「パズー」と我が家のスーパーリーダー「フィオ」の子どもです。
ルーン文字から名前を取ったお母さんを踏襲してアンちゃんはコミュニケーションや言葉を司る「アンズール」から名付けました。名前はとても大事。
少しせっかちだけれど人の言いたいことをよく感じようとするとてもかしこい子です。毎日散歩をして感性を育てています。2021−2022シーズンの犬ぞりよりデビュー予定! トーフがちょっとお姉さんでいい幼馴染み・遊び相手です。

ダル♂
hatの英雄「ハッパ」とすばらしい才能でいつも楽しい「サラ」の子です。思いやりがあって優しく力持ちだったハッパと頭のキレや遊び心のあるサラの良いところをよく受け継いでいる看板リーダー犬。
ただ、プライドが高く少し繊細なところがあるのでそりの時は彼の走りたい気持ちをリスペクトしてあげるようにしています。そりを2台出すときは先頭のそりに、どのポジションもこなせるけれど必ずリーダーに。
あまりにも優秀すぎて他の犬達が頼ってしまい、次の世代が育たないのが困ったものです。
仕事ができるとモテるのは犬も同じようでhatわんこ女子の人気No.1です。
ちこたま丼(ダル(とうちゃん)編)

オーラ♀
フランスではオーソドックスな鳥猟犬「ブリタニースパニエル」の純血種です。
先代としてブリーダーさんより仔犬の時からいただいた「ユパ」という最高のわんこがいてダル・ノン・ヤンネ・フィオの育ての親としてとても良い仕事をしてくれていたのですが、冬におそらくミンクを追いかけて川に落水。若くして亡くなってしまいました。悲しみに暮れペットロスに陥っている私達を救うべく(本人にその気は無い(笑))やって来たのがオーラでした。イタズラな幼少期のオーラに振り回されるうち、いつしか深い悲しみは癒えて行きました。
代表のdojouが本当に大好きでいつも姿を追っています。うちのワンコ達の中では一番小さくその上痛がりだけど、誰よりも勇敢で獲物を探すのが大好き。
…あ、犬ぞりも出来るのでした。
ちこたま丼(オーラ編〜僕らのかあちゃん〜

ノエル♀
ダルの兄妹。いつもは「ノンちゃん」だけど、きちんとノエルという名前があります。名付け親はhatお母さん。
わんこのくせにフルーツが好き。特に少し酸味があった方が大好き。
特に何か特別な芸ができるというわけではないのだけど思いやりがあり、洞察力もあって非常にかしこいです。性格はお父さんの「ハッパ」を彷彿とさせます。そんなに好きなわけではないけど一応犬ぞりもできる。ダルと相性抜群です。
hatわんこ女子の中では一番大きいのに走り屋のダルに負けない走力の持ち主。オーラと一緒に「おうちワンコ」でもあって2人は親友関係です。一緒のタイミングで外に出てしまうと仲が良すぎて半日〜1日は散歩から帰ってきません。

リオ♂
ノンちゃんとショーマの子です。ノンちゃんはリオを産む時に産褥熱にかかってしまい、大変な思いをしました。そのせいか今でもノンちゃんはリオにとても優しいです。
まっ黒なノンちゃんと白地に茶色ぶちのショーマをミックスしたようなユニークな外見をしています。リオデジャネイロオリンピックの年に生まれました。2人兄妹で「(リオ)デジャ(ネイロ)」。ネイロは里子へ参りました。
普段はとてもゆったりおっとりした性格。散歩へ行くといつも五割増しで遠出するのが好きです。
犬ぞりは可も無く不可も無く勤めますが、一番後ろのポジションが自分ペースで動けて好きなようです。

フィオ♀
ダルとツートップで我が社の看板リーダー。ダルと比べると少しムラ気があるのが玉にキズ。
フィオにとって犬ぞりは遊びなので「行き」の走りたい気持ちはとても強いけれど「帰り」はどうしても気が散ってしまう…。走り全体の質を追求するダルとは好対照です。
多産でほとんど今いるワンコ達はフィオの子孫と言っても良いくらい。そりをしていて図らずも後発のリーダーを育ててくれています。本人はそりの時は「行く行く〜!」「帰りたくない〜」というシンプルな気持ちで突き進む感じなのですけれども。

ヤンネ♂
「ユパ」に一番懐いていておそらくユパの最期を見届けました。
オスの中では間違いなく一番強いにもかかわらず争いが嫌いで女の子(特にコリンちゃん)好き。散歩は好きだけれどもひょうひょうとしていておそらく何もかもを知っている、そんなワンコの中の隠者的な存在です。そり犬としてはホイールドッグでもの凄い引きをするのですが、興奮してよくセンターラインを切るトラブルメーカーだったりもします。冷静で様々な事が見えていると思いきや一番ビックリするアクシデントを起こしてくれてきたのもヤンネです。
ちこたま丼()

ダイチ♂
ホワイトシェパードとアラスカンハスキーの子である「ラム」と我が社の名ホイールドッグ(YOUTUBE紹介)「コトロ」の子です。期待を裏切らぬ大きな身体に成長し、お父さんと同じホイールドッグのポジションで活躍してくれています。
仔犬のころは少し身体の成長が遅く、気も小さくて心配したものです。ただ歳を重ねるごとにぐんぐん成長してhat男子で1番大きくなりました。
身体の大きさの割に肝っ玉は相変わらず。でも私達にとってはそこがチャームポイントです。繊細なダイチを傷つけることのないよう、大切に接しています。
最近はさすがに成長してお客さんも最後の記念撮影の時だけは触れるようになりました。

マック♂
ダイチとステラの子です。お姉さんのベルと2人姉弟だったのですがお姉さんは生まれつき腎臓が悪く仔犬の時に亡くなってしまいました。
毛が薄いタイプなのでドッグカートでリーダーを務めることができます。最近は思春期で男子どうしのランク、上を目指して邁進中?! hatでは仕事きっちりでない子は認められていかないのです。
お父さんのダイチよりは気持ちが強い、というか細かいことにあまりこだわらないタイプ。父子の関係はワンコにはないのだけれどもなぜかダイチをリスペクトして一緒に散歩へ出かけることができます。

フーコ♀
ダイチのお姉さんです。ワンコの姉弟には上も下も本当はないのだけれど関係をみるとまさにそんな感じ。
仔犬の頃はびくびく小屋の中から目だけ光らせるダイチと天真爛漫で人懐っこくて冒険好きなフーコ。とてもはっきり性格が分かれていました。
奔放な性格だけれど子ども達にはとても優しい。娘のトーフをいつまでも優しく愛し、年下の女の子に対しての関係はとても良好です。派閥の違うフィオとはまるで前世の仇敵とでも言わんばかりのとんでもない関係だったりします。

トーフ♀
フーコとユーマの子です。フーコの祖先にホワイトシェパードがいるので隔世遺伝で真っ白に。
トーフはとうふでも性格を考えるとまさに「寄せどうふ」といった感じ。身体の大きさとは裏腹に気が小さくて本当にハラハラさせられます。
ただ、相性や関係性の難しいフィオと一緒に走る事ができ、そりでもツートップ(頼りないながらも)を勤められたり。またアンちゃんと幼馴染みのように仲が良く、ワンコ社会の中ではとても良好な位置にいて、今後の犬ぞりニュージェネレーションとして期待大です。

コリン♀
チャンス、コリン、タンゴ、マルコ。オーラとダルの子ども達の中で紅一点。もしくは一花三太郎?
オーラが少し出目金で若干ブサカワ寄りなのに対してコリンはダルの美形を引き継いでhatで一番美人と噂されています。性格は少しツンデレ気味で、気に入ったチームメイトに必ず「ツン」と当たるのだと一番のファンのヤンネが言っていました。身体は小ぶりだけど大体リードドッグを勤めます。ダル、チャンス、マルコ、ショーマ、ハルマなど、隣がどんな男子でも負けていません。
ちこたま丼(コリン編

チャンス♂
オーラ・ダルの子で1頭だけおそらく隔世遺伝で茶色の毛で生まれました。
遊び好きというか、走力や生き方にゆとりがあるのかそりの時も他に何か楽しいことがないか探しています。
まじめなコリンには叱られてばかり。体力があって、お父さん譲りで冷静沈着なタイプ。
ちこたま丼(チャンス編

タンゴ♂
オーラ・ダルの子。小さい時本当に背中の毛がお団子のようだったので「だんご」と呼んでいたのだけど、名前は大事とその頃から知っていたので少し変えておしゃれな名前に。その影響か陽気で明るい素直な子に成長しました。
何年経っても少しだけガチャな所があるのがザンネン。犬ぞりはリードとチームドッグを状況により兼務しています。普段の様子とは裏腹にそりはけっこう真面目です。
ちこたま丼(タンゴ編

マルコ♂
オーラ・ダルの子。仔犬の頃まるまると太っていてその通り、「まる、まる〜♡」と呼んでいました。今でも実際は呼んでいるのだけどそれじゃ名前としてあんまりなのでマルコ・ポーロにあやかっておしゃれに。
あまり名前の影響は受けなかったですが概ねホイールドッグの仕事を一生懸命こなしてくれます。
フリー散歩の時は「ちこたま丼」揃って出かけるのがお気に入り。
ちこたま丼(マルコ編

ハルマ♂
フィオとブリタニーとの子です。自由を愛する性格でフリーで散歩に行くと多少の差はあれどいつもプチ迷子を楽しんできます。仔犬の頃本当に迷子になって一週間くらい森を彷徨いました。
犬ぞりも遊びっけたっぷりで、特にクルミと隣同士が好き。走りながらケンカ・口論しているように見えるけれども走りに余裕があるのと仲がとても良い証拠でしょう。

ショーマ♂
フィオとブリタニーの子です。どっしりと落ち着いて存在感があります。でも顔はコロッケさんがものまねした不機嫌な美川憲一さんのようでブサカワタイプ。仔犬や自分より弱い者にとってもやさしく男子には珍しく慈しむように接してくれるすばらしい長所を持っています。
そりでも長所を発揮してくれてチームドックとして若手を育てるのに一躍勝ってくれます。
フリー散歩では最後に牛乳をもらうと素直につかまって終わるという儀式を必ず要求する不思議な個性の持ち主です。

ユーマ♂
フィオとブリタニーの子です。ゴールデンレトリーバーっぽいけど雑種。頭にハートマークがある愛の使者。飼い主もお客様も分け隔てなくみんな大好きです。いつも笑っているようで本当に皆に幸せを振りまいてくれます。でもそり犬としてはまじめ、優秀でチームドッグとしてとても重要な戦力として活躍し、最近はリードドッグとしても成長してきました。フリー散歩の時は争いごとを嫌い、人間からあまり離れず、良い意味で「良い子&イエスマン」です。

クルミ♀
フィオとブリタニーの子です。とても小ぶりでそり犬なんて勤まるのかなあとお客様は心配されるのかもしれないけれどもどうしてどうして! とっても優秀なのです。とっても集中してチームドッグをこなします。相方次第ではリードドッグとしても花開くかもしれない。コリンのようにツンではなく一生懸命。
そして私生活はとても個性派です。小屋にコンクリートのブロックをぬいぐるみがわりにコレクションする趣味があり、フリー散歩はいつも私達が提供するものに三割ほどセルフ散歩を足すと満足するみたい。

ステラ♀
フィオとブリタニーの子です。猟欲がぴかいちで強くフリー散歩に行くとほぼ必ず遠出します。はらはら。仔犬の頃ハルマと一緒に遠出をしてハルマ以上に森をさまよい、死んでしまったかと思った頃、ヒョッコリ星の数ほどダニをつけて戻って来ました。
ちょっとしたところまでこの森はステラの庭です。そりは好きでも嫌いでもないけれど、そこそこ走らないとhat では肩身が狭いので協力してくれているようです。

ポポ♀ (左)
フィオとブリタニーの子です。とても気が小さくhatの外にでるのもこわごわ。気持ちが高まると近場を左回りにぐるぐる回るクセがあります。人好きでとても楽しいサン、パズー、コナツ、ユズのお母さんを勤め上げてくれました。

ナナカ♀(右)
フィオの子どもの女子は植物シリーズの名前です。胡桃、たん(ポポ)そして(ナナカ)マド。ステラは軍艦の愛称なのだとdojouが言っておりました。ナナカも気が小さくそれが「やられる前にやるっ」という形で好戦的な態度にでてしまう少し、難しい性格です。アラレ、ユキという若手で活躍してくれている子達のお母さんです。

アラレ♀
ナナカの子どもで偉大というけではないにしてもチームドッグ、子どもの育成役としてとても活躍してくれています。気持ちが優しく充実した走力からくるゆとりから下の世代の子ども達に人気があり、そりではチームドッグの要として柔軟にポジションを努めてくれます。

ユキ♀
ナナカの子どもです。アラレの妹分。アラレよりは少し気が小さくフリー散歩では他の子達に付き従うという感じ。犬ぞりはあまり好きではないようです。フリーで走るのは本当に大好き!

サン♂
ポポの子としては唯一犬ぞりに2020ー2021シーズンより参戦できました。しかも4−5走した後リードドッグも立派にこなすほど! 身体の大きさも一番大きく頭がまだ大きくて身体とバランスが合っていないのでもうちょっとがっちりと成長していくのかもしれません。
陽気で遊び好き、少しタンゴと似ています。まだまだ精神的に幼いのかそういう性格なのか犬関係のランクのようなものには興味ないようです。

コナツ♀
ポポ子です。猟欲が兄妹の中では一番強く、フリー散歩は私達が提供する物にもう1回余分にセルフ散歩するくらいで満足するみたい。昨シーズンはラインが恐くて犬ぞりデビューできず。 2021-2022シーズンは走れるのでしょうか…。くるみと同じかもっと小ぶりで、こんなに楽しく遊ぶ子ならそりはできなくてもいいか、と少し頭をよぎります。

ユズ♀
ポポ子です。毛並みや体型などもお母さんによく似ています。人は好きな性格だけど興奮するとあまがみしてしまう所があって私達、とても心配。お姉さんのコナツと一緒にセルフ散歩するのが犬生で一番幸せ。

パズー♂
ポポ子です。2021春、近所の喫茶店「ベリーズ」さんの里子として旅立ちました。遊び好き、特にご主人様と決めた人と共に過ごす事にとても幸せを感じます。気持ちが優しすぎたのと、男子としてはあまりにも小さすぎたため犬ぞりは恐くてできませんでした。無頼のレトリーブ好きで、目下ベリーズさんでは絶賛フリスビーキャッチ特訓中!ベリーズさんも、彼も一緒でとても幸せそうです。

クー♀
サラと同じ歳。まだまだ足腰も頭もしっかりしているけれど、今のそりのペースにはついていけないため、引退犬生を謳歌しています。
今hatでは珍しくなった両目ブルーアイで産まれたため、スマートなオオカミみたいな姿を期待されたけれど、成長してみたらもこもこ子豚のようなまんまるクーちゃん。それでも若かりし頃は一生懸命まじめにチームドックとしてそりの牽引力を支えてきました。まだまだとても元気です!

ルイ♀
ダイチ&フーコのお母さんラムの妹です。シェパードの血が濃く入っている上、かなり大きくなってからhatに来たため、私達になじむのにも時間がかかりました。慣れてからはそこそこに犬ぞりのメンバーもこなし、余生を気ままに過ごしています。何年か良性のがんを抱えて生活していましたが、少し良くなったようです。

◎リードドッグ

チーム皆を率いる牽引力のある子。そりが2台出走する時に先頭のそりを任せられる子をhatではリスペクトして「リーダー」と呼んでいます

※ダル、フィオ◎ホイールドッグ

1番後ろを担当する子。ホイールとは「原動力」という意味で、そりに近い事とから身体にかかる負担も一番強く力持ちの子が担当します。優秀なホイールドッグはカーブの時に外側へジャンプして引き、内輪差でそりが転倒することを防いだりもします。

※ヤンネ、ダイチ、マルコ

◎スイングドッグ

リーダー見習い。将来リーダーになる素質がありそうな子をリードドッグの後ろにつけて試しています。最近はリードドッグは1頭で先頭するのが調子が良いとわかってきたので、途中でその子の隣につないで様子を見たり。

※マック、アラレ、クルミ、トーフ、チャンス、ユーマ

◎チームドッグ

そりのエンジン。リードドッグやホイールドッグの負担を減らすためにhatではチームドッグを4頭はつないでおります。

このエントリーをはてなブックマークに追加