あらまあ、雪

起きたらビックリ。

銀世界でした。夏タイヤに変えちゃったからちょびっと出かけられないなあ。
散歩に行ってみる

ちこたま丼と一番若い子ども達、それとおとうふちゃんというメンツです。大勢なのに誰も遠くに行かない。
あんまり関係ないけど野原にポイ捨てしないで下さい。

気の早い水芭蕉が雪をかぶっていた。

根雪がすっかり溶けたところにうっすら積もってとても綺麗でした。
長期予報によると連休は雨だそうだし、コロナもおさまってないし。なんだかなあ。
明るく捉えることにして! 犬達とたくさん遊べそうです。

hat SUP艇、再乗艇のコツ

この間無残にも足が立たない場所で落水、再乗艇ができずけっこう苦労したのでした。今日割と暖かだったのでリベンジ! サホロ湖へやってきました。独りで練習していたので新しい写真がなくテキストの多い記事となると思いますけどスイマセン。

先日はこの写真のようにサイドから上ろうとして沈、を繰り返してギブアップしました。トライしていた過程でテール?(あってたかな…)に荷物を積んでいたので、リーシュを外してノーズから乗ろうと考えていたのだけど咄嗟にんなこと上手くいくはずもなく苦労しました。
今回は色んな反省点を加味して自分なりにイメージをしのぞむことにしました。

@防水バッグは緊急時必要な物を入れるので持って行かなくてはならないから落ち着き場所を考えていて、一応真ん中の取っ手の所に付けることにしました。万全ではないけど、テールのバンドのところにあるよりはずっとましです(再乗艇はテールからするので)ノーズの部分に落ち着き場所を設けられれば一番だけどそれはまた別の話

@僕の体重(100キロ以上!)ではサイドからだとよほど上手にドルフィンキックができないと上れなそうなのでテールから攻めてみることにしました。案の定身体を上げる前に舟が持ち上がってしまうのだけどむしろテールの先を沈み込ませて身体の下へ運び、その舟の部分を大きくしていくことで舟の浮力で登るという作戦が功奏しました。

やったぜべいべえ!←笑。

で登る時に役立つのがテールの荷物用バンド。これを手がかりにしてとっかかりを増やして行くことで思っていたのの1000倍楽に再乗艇できたのでした。

内心、自分がこの舟に再乗艇することはできないのではないか、ツアーなど成り立たないのではないかと不安になりましたけれども安心しました…。

というわけで僕の体重でも再乗艇はたやすくできますのでツアーはできるのですが、いかんせん水がめちゃめちゃ冷たいっ! 新緑が少し落ち着く時期まで正直SUPは厳しいかもしれませんね…

追って登る場面を撮影してもらってあげようと思います。動画でも良いかも知れませんね。

かなやま湖、水豊か

ここ何日かの嵐でけっこう雨が降り、雪が溶けて開いた当初はキャンプ場下の砂浜がすっかり露出するくらい水位が低かったのですが、川も増水していることだし大分上がってきました

こんな感じ

例年だと5-6月とどんどん水を溜めて行き夏に備えます。今シーズンは雪が多かったから豊かに水をたたえた綺麗な景観が楽しめるんじゃないかな。

エゾハルゼミがさやさや鳴く良い時期が楽しみです

サホロ湖SUPトレーニング

今日とても暖かだったのでhat わんこ母ちゃんにカメラマンお願いしてサホロ湖へSUP漕ぎに行って参りました。福寿草がきれいだったり、白鳥さんが羽を伸ばしていたり。景色が雪解けしたてで寝ぼけているようでした。さて。

空気を入れてリーシュもつけてレッツゴー。柳がわずかにめぶいていてかわいかった。

幅が狭いのでバランスとの戦いです
1本足を立てるまでがけっこう…
o! 立てた。

重すぎて足場がおぼつかないので結構立つのが難義なんです。2本の足に頼るのではなく腕やパドルでもう1点支えるようにするのがコツです。良い感じに漕げるぞ、少し先進んでみようかな。

少し先へ漕ぎ出してみました
足場がおぼつかないのであまり長く漕いでいられず休憩。取っ手をつかんでお尻を上げるところ
ここからは割と楽に立て…
?!!!っっ

案の定、落水しました。今回は足の立たないところで。

水、なんまらつめたい!!

SUPは足の立たないところで落水しても自由に再乗艇できないと意味ないのですが、登れない!!

横から登ろうとすると持ち上がってしまうし
後ろは荷物が邪魔で、前はリーシュの長さが足りず登ることがトライできない>_<

前から乗ろうとするとリーシュが届かないし、で、リーシュ取ろう…って、水冷たいのと再乗艇試みすぎて心拍数が痣でそうになるくらいやばい状態に←鬼滅ネタ(笑。岸が近いので足が立つところへ泳いで事なきを得ました。

色々反省点が見つかりました、ゲストさんがいるときでなくってよかった〜

そもそも、僕がこの舟に乗るには無理が少しあって、色々乗りこなすには練習がいるというのが一番。

懸垂できるほど腕力がないのでサイドから登るには上手にドルフィンキックができなければならないなあ。とか、後ろから登るのがベターなのだろうけど荷物があんなにあったらダメだ。とか。

いっぱい落ちて登る練習が楽しいと思えるコンディションになるまではゲストさんは難しいな。と思った練習でした

hatの狛犬パズー

これは上川神社の狛犬「うん」様ですが……

うちの狛犬「うん」様ことパズーです。
現在はもうちょっと大人になりました。
棒投げはじめ「レトリーブ」遊びが大好き。

チビの頃のパズー。(あ、今もチビか(汗。)
可愛いバージョンのグレムリンのようでとってもめんこかったんです。

※2021年4月追記

大人しく小粒だけども堂々とした成犬に成長したパズー。3km先のお隣「ベリーズ」さんへ幸せを振りまきに里子に旅立ちました。玄関前に自分のスペースを用意してもらって早速狛犬をしておりますw